HMBのプロテインなら理想の体になれる【最適な栄養素】

腸内環境を改善しよう

お腹を押さえる女性

腸内細菌のバランスが大事

普段から健康に気を付けていても、どうしても便秘になってしまう人は多くいます。便秘改善のためにいろいろ試行錯誤してみるものの、なかなか便は出ないものです。便秘改善のためには便秘になる仕組みを知る必要があります。私達が食べたものは胃や小腸で消化、分解され腸に運ばれます。そして水分が吸収されていき便になります。この便は腸の蠕動運動によって肛門に運ばれていくのですが、食事の栄養バランスが悪くなったり、睡眠不足や運動不足が続くと、腸内環境が悪くなり腸の動きが悪くなります。腸の動きが悪くなると腸内にある便をうまく運べなくなります。すると腸内にある便に含まれる水分がなくなっていき、どんどん便が硬くなっていき便秘になります。便秘改善のためには腸内環境を良くしなければいけません。腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類の菌があり、腸内環境を良くするにはこの腸内細菌のバランスを整える必要があります。便秘の人は腸内の悪玉菌が多くなっています。なので善玉菌を増やすためにビフィズス菌や食物繊維を多く含んだ、健康食品を摂取するようにしましょう。ビフィズス菌は腸内の善玉菌そのもので、腸内で酢酸を生成します。この酢酸は殺菌力が強く、悪玉菌が繁殖するのを抑えてくれます。食物繊維は善玉菌のエサになるもので、腸内で便のかさを増やして軟らかくしてくれます。ビフィズス菌や食物繊維を含んだ健康食品をうまく摂取して便秘改善に役立ててください。便秘を改善できればその分体重も減りダイエットにもなりますよ。